ハウジング賃貸保証
サイトマップ 会社概要 メール ご利用環境
保証人紹介・イメージ
HOME
サービス案内
収入優先無料プラン
管理代行プラン
空室保証プラン
プラン別比較表
お問い合わせ
ポイント スペース物件選びのポイント
ポイント スペース入居の審査基準
ポイント スペース連帯保証人とは
ポイント スペース賃貸契約の注意点
ポイント スペース敷金・礼金とは?
ポイント スペース賃借トラブル
ポイント スペースお役立ちリンク



保証会社・サービス内容

保証人代行 納得して記名押印
賃貸借する際には、借主・貸主の取り決め事(約束)を賃貸借契約書に記録します。 その賃貸借契約書に記された内容を納得し、記名押印をして契約が結ばれる訳ですから、契約が結ばれた後に「こんな筈ではなかった・・・」とならないように、わからないことがあれば質問し、納得した上で記名押印し、契約しなければなりません。 一度契約が締結し建物の引渡しを受けますと、不動産会社に支払われる仲介料や礼金といった金員は戻りませんので注意が必要です。

保証人代行 確認するポイント
説明を聞く(重要事項説明)
重要事項とは物件の概要や重要な契約内容を詳しく説明した書類です。不動産業者はこの重要事項説明を行う際には必ず宅地建物取引主任者をして説明及び書面の交付をしなければなりません。裏を返せばそれだけ重要な事項なので説明を受ける際にわからないことはその場で質問しましょう。

利用の制限について確認する(利用制限事項)
契約書の中にはペットを飼育してはならないという条項や事務所として使用することを禁止するといった条項を定めているケースがあります。 これはペットの糞尿による悪臭や貸室の破損、鳴き声等で他の賃借人が悩まされることがあるために、 このような条項が定めてあり、もしこの約束に違反した場合は用法違反となり契約は解除になる場合があります。注意したいのは、ペットの飼育禁止との定めがない場合でも賃借人には借家の性質による使用方法により使用する義務がありますので、飼育することによって被害が発生した場合には ペットの飼育を禁止されることがあります。禁止されたにもかかわらず、飼育禁止の定めがないことを理由に飼育を断続し、その後も被害が発生するようですと契約解除になる場合がありますので注意しましょう。

賃料の支払い方法を確認する
賃料の支払い方法は主に振込、持参、集金、引落、等の方法がありますが、振込みによる方法が一般的です。振込みによる支払方法の場合には振込先を確認しておきましょう。

更新料を確認する
更新料は(新・旧)賃料の1〜2ヶ月分です。 一般的には賃料の値上げ等の際には新賃料を基準とするケースが多いようです。

入居中の修繕費はどちらが負担するのか確認する
修繕といっても様々ですが、電球の取替えや水道のパッキンの取替えのような小修繕は借主負担となり、自己の過失以外による雨漏りやトイレ・水道・浴槽等の大修繕は家主負担とするのが一般的です。 ただし契約書に記された設備の概要に、例えば「トイレ無」と記されていた場合、入居時にトイレが壊れて使えない状態であっても「トイレ無」と知っていて契約したことになりますから、トイレを修繕するよう請求してもみとめられるのは困難でしょう。なお、家主が負担しなければならない修繕を借主が立て替えて必要費を支出し、修理する場合には事前にその旨を連絡しなければならないと記されているケースもあります。このようなケースでは連絡せず勝手に修理し、修繕費を請求しますと、トラブルの原因になりますので注意しましょう。

退去時に敷金はどのくらい戻るのか確認する
退去する際に借主が賃料の未払いや部屋の破損がなければ敷金は全額返還されます。 ただし注意しなければならないことは、部屋の破損について時間の経過による畳の日焼けや通常の使用で当然予想できるクロスや床などの汚れも含まれるのかということです。結論から言えば時間の経過による自然な汚れや破損は家主負担となります。賃借人は明け渡しする際には原状回復義務を負いますが 通常の使用による破損・汚れはそのままの状態で返還すれば原状回復義務を遂行したとみなされるからです。特約事項により「退去時の畳表替えおよび室内清掃費は借主負担」というケースもございますが、その合意の経過によって、その特約が必ず有効になるとは限りません。

 

 

保証人代行
Copyright(C)2004 soken-home-net. All Rights Rese
保証人代行